寒いときに食べるキムチ鍋は最高です(^^

メニュー

  • 白菜キムチが美味しいキムチチゲのレシピ

    白菜キムチをたくさん食べたいという時には、キムチチゲがお勧めです。身体も温まりますから、ダイエットにも効果的なお料理ではないでしょうか。それではキムチチゲのレシピをご紹介致しましょう。

    材料は、白菜キムチ2分の1株と豚肉200g、白ネギ2本だけです。調味料は、ごま油、サラダ油、塩、すりごま、すりおろしたにんにくで、全て適量となります。

    作り方ですが、まず白菜キムチと豚肉を自分が食べやすい大きさに切り、白ネギは4センチほどの長さに斜めに切っていきます。すりおろしたにんにくと塩、すりごま、ごま油を先ほど切った豚肉と混ぜてしっかりとなじませます。そして、鍋にサラダ油を敷き、先ほど味を付けておいた豚肉を鍋に入れて炒め、白ネギと適量の水、キムチを入れましょう。後はじっくりと煮込んでいけばできあがりです。お好みで塩などを入れ、味を調節して下さいね。

    非常にシンプルなお料理でありながら、キムチの美味しさを十分に味わうことができる一品ですよ。お腹も満腹になりますし、ご飯との相性もバッチリです。また、お肉が苦手だという方は、貝類やお魚などを代わりに入れても良いですね。自分の好きなお野菜なども沢山入れてみてはいかがでしょうか。

    キムチチゲを作る時のポイントとしては、すっぱくなったキムチを使った方がより美味しいということです。その方がチゲには合いますし、うまみが出てきますよ。また、豚肉を選ぶ際には、脂身が多い豚バラ肉などがおすすめです。

  • キムチチャーハンとキムチギョウザレシピ

    キムチを使ってチャーハンを作ることも多いかと思いますが、日本の野沢菜と韓国のキムチを組み合わせてチャーハンを作ると、また違った美味しさが生まれますよ。今回はそんな野沢菜キムチチャーハンのレシピをご紹介致しましょう。材料は、白菜キムチと野沢菜漬け、豚肉、長ネギ、ご飯、卵です。作り方は、最初に食べやすい大きさに白菜キムチを細かく刻み、豚肉も適当な大きさに、そして長ネギと野沢菜を小口切りにします。フライパンをよく熱し、最初に卵を入れ、次にご飯を入れてよく炒めます。そして、ほんの少し塩こしょうを入れて味を調えます。

    先ほど切った長ネギと野沢菜、そして豚肉もフライパンに入れ、豚肉にしっかりと火が通ったところで白菜キムチを入れます。キムチにはしっかりと火を通す必要がありませんから、軽く炒めて鍋肌からしょうゆを回しかければできあがりです。

    これだけでも十分美味しく頂けますが、金ゴマ唐辛子という調味料もありますので、仕上げに上からこの金ゴマ唐辛子をふりかけると、更に美味しく頂けますよ。様々なお料理に使えますので、ぜひ使ってみて下さいね。

    そしてもう1つ、キムチギョウザのレシピをご紹介致します。材料は、キムチの他に、ニラやしいたけ、ネギ、もやし、豚ひき肉、春雨などを使うと美味しくなりますよ。作り方ですが、全ての材料を細かく刻み、ごま油と塩こしょうをふってしっかりと混ぜ合わせます。これらを餃子の皮に包み、焼けばできあがりです。

    焼き上がった時に水気を飛ばし、ごま油を回しかけると皮がパリッとしておいしくなりますよ。

  • キムチスパゲティとビビンバレシピ

    意外だと思われるかもしれませんが、スパゲティとキムチはよく合うのです。キムチが辛いですので、非常に食が進みますよ。では、キムチスパゲティのレシピですが、材料はキムチとスパゲティ、シーフードミックス、ごま油、塩こしょうだけです。少ない材料で手間も掛けずにできますので、時間の無い時にもお勧めしたいお料理ですね。作り方は、キムチを細かく刻んでフライパンの中に入れ、ごま油を使ってしっかりと炒めて下さい。その間にスパゲティをゆでておき、お湯でシーフードミックスを戻しておきましょう。フライパンで先ほどお湯で戻したシーフードミックス、キムチ、そしてゆでたスパゲティを炒めて最後に塩こしょうで味を整えましょう。

    なかなか辛いスパゲティを食べることは無いかと思いますが、くせになるおいしさですので、是非試してみて下さいね。

    そしてこれは定番であるビビンバのレシピです。材料は、ナムルとキムチ、卵、牛ひき肉、ごま油、焼き肉のタレ、コチュジャンです。作り方は、ビビンバの器をしっかりと温め、ごま油を全体的にあらかじめ付けておき、牛ひき肉は炒めておきましょう。

    器が温まったら、ご飯、ナムル、そして炒めておいた牛ひき肉、焼き肉のタレを入れ、最後に卵の黄身を真ん中にのせてコチュジャンを入れればできあがりです。

    キムチはビビンバと食べると非常においしいので、ビビンバの中に入れても良いですし、付け合わせとして出しても良いですね。韓国に行った気分になれるお料理ですので、ご家庭で試してみて下さい。

  • キムチの美味しさの秘密

    キムチを美味しく食べる為に、キムチの美味しさの秘密を学んでみてはいかがでしょうか。韓国の方はご家庭で作るのが当たり前となっていますが、日本人の場合にはスーパーなどで購入することが多いかと思いますので、なぜ美味しいのかということをご存知無いかと思うのです。キムチには美味しさの秘密があるのですよ。

    キムチを作る際には、塩や唐辛子といった調味料が使用されています。塩というのはしょっぱいものですが、このしょっぱさと辛い唐辛子の味がマッチして、美味しくなっているのですね。また、発酵させて作られている為、発酵させることによってすっぱさが生まれるのです。そして、様々な野菜を使用することにより、野菜それぞれの香りが生まれます。

    その他には、お肉や穀類、海産物などが使われることも多く、これらが発酵する時に甘みが出てくるのです。何を使用して作るのかによって、味が全く異なってくるということですね。スーパーなどで販売されている商品の材料欄を見て頂くとお分かり頂けるかと思いますが、非常に多くの食品が使われて作られているのです。野菜をそのままの状態で食べる訳ではない為、また生野菜を食べる時とは違った食感を楽しむことができます。

    また、種類も豊富で、季節によってどんな材料を使って作るのかが異なります。それぞれの季節で様々なキムチが味わえるという楽しみもありますね。

    美味しいのにはこういった秘密があったのです。知らなかった方も多いと思いますので、これからはまた違ったイメージを持って、食べてみて下さいね。

  • 韓国キムチの美味しい食べ方

    韓国キムチの場合、日本のものとは異なり、株の状態となっていることが多いのです。実は、日本のようにスーパーなどで販売されている時にはすでに細かくなっている状態で食べるよりも、株の状態から自分でちぎりながら食べるのが美味しい食べ方ですよ。では韓国キムチの詳しい美味しい食べ方をご紹介致しましょう。

    株の状態のものを指で縦方向にちぎりつつ、自分が食べたい量をあらかじめ切っておくのではなく、ちぎりながら食べるというのが美味しい食べ方になります。また、細かい状態で食べるよりも、なるべく大きく切って食べた方が美味しいですよ。自分が食べやすい1口サイズにするようにしてみてください。

    日本人の場合、韓国の商品ですと辛いと感じることもあるかと思います。特に唐辛子は非常に辛いものですから、辛すぎて食べにくいと感じた時には、キムチにレモン汁をかけてみて下さい。レモン汁によって味がまろやかになり、日本人でも食べやすくなります。このように、自分の口に合うように工夫をしながら食べてみると、また違った美味しさを味わうことができるでしょう。

    本当にバリエーションが豊富な食べ物ですから、自分でどんな食べ物と合うのか考えながら試してみるのも楽しいのではないでしょうか。美味しい食べ方が見つかると非常に嬉しくなりますよね。美味しい食べ方を見つけると、人に教えたくなることでしょうから、ぜひキムチを買ったら様々なものと一緒に食べてみて下さい。

  • キムチがすっぱくなりすぎた場合の美味しい食べ方

    なかなかキムチが減らず、気づいたらキムチがすっぱくなりすぎてしまったということもありますよね。そういった時、皆さんならどうするでしょうか?中には美味しくないからと言って捨ててしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで、すっぱくなってしまった場合の美味しい食べ方をご紹介致しましょう。

    まず1つ目の方法としては、お料理に混ぜるという方法があります。これは既に試されている方もいらっしゃるかもしれませんが、ただお料理に混ぜて使うのではなく、薬味をとった状態でキムチをなるべく細かく切って、冷凍しておきましょう。こうすればこれ以上発酵が進むことはありませんよね。冷凍しておいたものは、チャーハンに混ぜてキムチチャーハンにすることもできますし、チヂミやギョウザの具として入れても良いですね。また、たまにはお好み焼きの中に入れてみても美味しいですよ。味のアクセントになります。使う時には解凍してから他の材料と混ぜて下さいね。

    また、そのままの状態で食べたいのであれば、キムチを水で何度か洗い、1日から2日間、水に浸した状態にしておきましょう。こうすることである程度のすっぱさが消えますので、後はしっかりと水気を切ればそのままの状態で美味しく食べることができますよ。おつまみとして食べても良いですし、ご飯と一緒に食べても良いですね。

    ちょっとした工夫により、すっぱくなりすぎたキムチも美味しく食べることができますので、捨てないようにしましょう。

  • おつまみとしてのキムチの食べ方

    ビールのおつまみとしてキムチを食べているという方は多いと思います。ビールと辛いキムチというのは相性が良いですよね。しかし、いつもそのままの状態で食べていては飽きることがありませんか?せっかく美味しいキムチなのですから、飽きないように様々なアレンジをして、おつまみとして食べてみてはいかがでしょうか。今回はそんなキムチのおつまみとしてのアレンジ方法をご紹介致しましょう。

    キムチとのりというのは相性が良い食べ物です。特に、韓国の食べ物ですから、日本ののりよりも韓国のりの方が美味しいですよ。韓国のりとキムチ、そしてお刺身を一緒に食べるという方法もおすすめです。その時にはのりの上にキムチとお刺身をのせて巻いた状態で食べてみて下さい。こうすると食べやすいですし、全ての素材の味を楽しむことができます。また、ネギや玉ねぎなどの薬味を一緒にのせても美味しいですよ。

    その他には、納豆もお勧めの食べ物です。納豆とキムチというのは定番とも言えるかもしれませんが、こちらも韓国のりの上に一緒にのせて食べてみて下さい。立派なおつまみになりますし、リーズナブルですよね。また、マヨネーズとキムチも合います。キムチの辛さが苦手という方は、マヨネーズと一緒に食べると味がマイルドになりますので美味しく頂けるのではないでしょうか。

    このように、おつまみとしても多々アレンジ方法がありますので、是非様々なおつまみを試してみて下さい。

  • 日本とは違う韓国でのキムチの食べ方

    キムチは韓国が本場ですよね。日本でも多くの種類が販売されていますが、日本と韓国ではキムチの食べ方が異なります。韓国での美味しいキムチの食べ方はどういったものなのでしょうか?

    日本の場合、漬け汁も一緒に食べるという方は少ないのではないでしょうか。野菜が主だと考え、漬け汁に関しては捨てている方も多いかと思いますが、韓国の場合は野菜だけでなく、漬け汁も主役と言われるほど美味しいとされるものなのです。ではどういった食べ方をするのかというと、お料理に使う時には、キムチ鍋やキムチチゲなどに漬け汁も必ず入れます。漬け汁というのは、野菜のうまみ、栄養分などが多く含まれています。ですからこのせっかく出たうまみを捨てるのはもったいないことなのです。漬け汁は必ず全部使用するのですね。確かに、この漬け汁は本当に美味しく、漬け汁を入れるのと入れないのとではコクが違ってきます。ですから、残った漬け汁はお料理に使ってみて下さいね。今までよりもきっとコクが出ますので、今までもったいないことをしていたな・・・と感じるかと思いますよ。

    ところで、日本と韓国のキムチに違いがあることをご存知でしょうか。日本で作られたものは、発酵されていないものなのです。塩に白菜を1晩ほど漬けているだけなので、いわゆる漬けものですよね。しかし、韓国のものは、様々な薬味などが入っています。これらによって白菜などの野菜を発酵させて作っているのです。また、乳酸菌を使うことで発酵させるという方法もあります。乳酸菌を使用することで、保存性が高くなる為、市販されているものは乳酸菌が使われていることが多いのですね。

    このように違いがある為、どちらの方がお好みか、どちらも食べてみることをお勧め致します。

  • 豚キムチとニラチヂミのレシピ

    今回ご紹介するキムチを使ったレシピは、日本人のお口にも合う豚キムチとニラチヂミのレシピです。どちらもご飯が進むおかずですので、ぜひ作ってご家族みなさんで美味しく食べてみて下さいね。

    では、最初に豚キムチですが、材料は豚肉、白菜キムチ、ねぎ、ごま油、塩こしょう、うまみ調味料、砂糖、薄口しょうゆです。作り方は、フライパンをよく熱してごま油を大さじ4入れてから豚肉を入れ、塩こしょうをしてしっかりと炒めます。きちんと豚肉に火が通ったところで、白菜キムチを入れて白くなるまで炒めて下さい。よく炒めたら、うまみ調味料としょうゆ、砂糖を適量入れて味を整えます。お皿に盛って上からねぎをふりかければ完成です。ご飯の上にのせて丼にして食べても良いですね。男性には特に嬉しい一品でしょう。豚肉とキムチは同量使って下さいね。

    次にニラチヂミですが、材料はニラ2束、キムチ適量、片栗粉30g、薄力粉100g、卵2個、うまみ調味料と塩適量です。作り方は、ニラとキムチを食べやすい大きさに切り、調味料と一緒にまんべんなく混ぜ、熱したフライパンにごま油を敷き、先ほどの混ぜた材料を流し入れます。片面に焼き色が付いたらひっくり返し、両面焦げ目がつくまで焼いていきましょう。適当な大きさに切ってお皿に盛ればできあがりです。そのままでも十分味が付いていますので、何もかけずにお召し上がり下さい。

    どちらも簡単にできますので、お勧めの美味しいお料理ですよ。

  • カクテキキムチの美味しい食べ方

    カクテキキムチは大根キムチとも言われており、その名前の通り大根で作ったキムチになります。大根のことをカクテキというのですね。焼き肉屋さんでもカクテキキムチが置かれていることが多いですが、今まで何だろう?と思われていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。食べた事のない方は、大根とキムチが合うのか不安に思われるかもしれませんが、大根の歯ごたえが非常においしい食べ物なのです。また、日本人の口に合わせて、国産の大根を使用して作られているものや日本の昆布を使ってうまみを出している商品もありますから、初めて食べる方は日本人の口に合わせて作られているものから試してみてはいかがでしょうか。もちろん焼き肉屋さんで頼んでみるというのも良いですね。

    では、そんなカクテキキムチの美味しい食べ方をご紹介致しましょう。やはり歯ごたえが特徴的ですので、歯ごたえを生かした食べ方がお勧めですね。たとえば、カクテキキムチを焼き肉で巻いて食べるのもボリュームがあって美味しいですよ。また、サラダとして食べるのもおすすめです。マヨネーズとも相性が良いですので、レタスやマヨネーズと一緒に食べてみて下さい。もちろんレタスに巻いて食べるという方法でも良いですね。白菜キムチとは違い、形がはっきりとしているので、食べやすいですね。ぜひ食べた事のない方は、カクテキキムチの美味しい食べ方が他にも多々ありますので、様々な食べ方にチャレンジしてみて下さい。

  • 割干キムチの美味しい食べ方

    皆さんはキムチというと白菜キムチを思い浮かべるのではないでしょうか?確かに身近なお店で購入できるキムチの多くは白菜で作られたものですよね。しかし、キムチには多くの種類があり、割干しキムチという商品もあります。割干しキムチというのは、干し大根から作られているもので、干し大根独特の食感が特徴的なのです。干し大根は日本人も良く食べるかと思いますが、コリッとした食感ですよね。熟成させてキムチを作ってもその歯ごたえは変わらず、干し大根の甘みも味わえるようになっています。干し大根は中国でも食べられているのですが、日本産のものと中国産のものとでは硬さや見た目が少し異なります。日本産の方が弾力があり、柔らかさがあるのですが、中国産の場合には硬いのが特徴的です。どちらの方が好みかというのは人によって異なりますので、是非食べ比べをしてみて下さいね。もちろんそのままの状態で食べても美味しく頂けますが、お料理に使っても美味しいですよ。割干しキムチを使ったお料理を1つご紹介したいと思います。

    お勧めなのは、割干しキムチを使った肉団子甘酢あんかけです。作り方は非常に簡単で、合びき肉に細かく刻んだ割干しキムチをまんべんなく混ぜて、にんにく、しょうが、卵、片栗粉、塩こしょうなどの調味料を入れます。粘り気が出るまでよく混ぜて1口サイズに丸めましょう。この時、油を手につけると材料が手につきにくいのでお勧めですよ。

    次に丸めた肉団子を油で揚げ、中華スープの素、水、しょうゆ、砂糖、お酢、お酒で甘酢を作ります。甘酢はフライパンで煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつけておきましょう。その中に肉団子を入れてあんをまんべんなく絡めればできあがりです。

    いつもとは違った食感が楽しめますので、試してみて下さい。

  • キムチの美味しい保存方法について

    キムチをすぐに食べ切るのはなかなか難しいと思います。誰しもできるだけ長持ちさせたいと思いますよね。そこで、キムチの美味しい保存方法についてご紹介致しましょう。

    キムチというのは発酵食品の為、残念ながら日に日に酸っぱさを増してしまいます。もちろん、酸っぱいからと言って腐るという訳では無く、賞味期限内であれば酸っぱくても食べて問題はありません。しかし、酸っぱくなるのを抑えたいのであれば、予めキムチを密閉容器の中に入れて冷蔵庫のチルド室がある方はその中に入れるようにしましょう。チルド室というのは、いつでも0度に保たれた状態になっています。温度が低ければ低いほど発酵されにくくなる為、チルド室はキムチが発酵するのを抑えることができるのです。なるべく発酵するのを抑えたければ、チルド室を有効利用してみて下さい。

    また、チルド室が無いという場合には、必ず冷蔵庫に入れておくようにし、2週間以内に食べるようにしましょう。2週間ほどで酸っぱくなるものなので、それを目安として日々食べるようにすると、気付いた時には酸っぱくなっていた・・・ということを防げますね。また、2週間ほどの時点で乳酸菌の量は一番多くなります。なるべく栄養分が高いうちに食べたいという方も目安としてみて下さい。

    中には2週間以内に食べきるのが難しいこともありますよね。そういった時には前もってビニール袋などに入れておき、冷凍保存しておきましょう。これである程度は時間が経っても美味しく食べることができますよ。冷凍をすると、白菜の色が透明になってしまうかと思いますが、味に変化はありませんので安心して下さいね。

    このように、キムチの美味しい保存方法がありますので、この方法で長持ちさせてみて下さい。

  • キムチが美味しい期間と賞味期限について

    キムチには美味しい期間というものがあります。同じキムチを食べるのであれば、1番美味しい期間に食べたいものですよね。1番美味しい期間はいつかというと、それには保存する温度が関わってきます。たとえば、5度の場合ですと、製造日から25日程度が1番美味しいと言われていますし、10度の場合には製造日から1週間前後、15度から20度の場合には製造日から3日程度が美味しいですよ。保存している温度が高くなればなる程、製造日から美味しい期間が短いということになりますね。温度が高ければ高いほど発酵が進むからということになります。

    もちろん、一人ひとり美味しいと感じる時期は多少異なるかと思いますが、今まで美味しい時期を気にせずに食べていたという方は、この時期によって味が変わってきますので、一度気にしながら食べてみて下さいね。

    また、賞味期限の目安というものもありますので、参考にしてみて下さい。

    製造日から5日までの間はまだ酸味がありませんから、野菜そのものの味を楽しみたい方にはお勧めの時期です。製造日から6日から15日もまだ酸味が少ない上に、調味料の味が野菜などに染み込んでいく時期ですから美味しく頂けるでしょう。16日から25日になると発酵も進みますので、少し酸味が出てきますが酸味を楽しみたい方には良い時期ですね。25日以降になると更に発酵が進む為、日に日に酸味が増すことになります。この時期を過ぎるとなるべく早く食べた方が良いですね。

    こういった詳しい情報というのはキムチに記載されていない為、キムチをよく食べる方は頭に入れておいた方が良いでしょうね。

  • キムチと合う食べ物とは?

    日本人の場合、キムチをそのままの状態でご飯と一緒に食べる方が圧倒的に多いのではないかと思います。しかし、実は様々な食べ物と相性が良いのがキムチなのです。そこで、どういった食べ物が合うのかいくつかご紹介致しましょう。

    まず、キムチは甘いものとの相性が良いと言われています。辛いものと甘いものが果たして合うのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、全く違った味だからこそ、マッチして美味しく頂けるのです。甘いものというとどういうものがあるかというと、例えばケーキです。これはテレビでも紹介されたことがありますが、ケーキを食べてキムチを食べるという食べ方より、ケーキと一緒に食べた方が美味しいですよ。甘いものを沢山食べると飽きてしまうかと思いますが、辛いキムチと一緒に食べることにより、飽きにくくなることでしょう。また、あんぱんなどと一緒に食べるのも美味しいですね。あんこも沢山食べると飽きてしまいがちな食べ物ですから、お勧めの食べ方ですよ。

    また、カレーのトッピングとしてキムチを入れてみてはいかがでしょうか。これは辛いもの同士という事になりますが、キムチを入れることによって味にアクセントが生まれ、いくらでもカレーが食べられるかと思います。

    このように、違う国の食べ物同士の相性が良いというのは不思議なものですよね。今まで一般的な食べ方しかしていなかったという方は、是非試してみて下さい。今までより更にキムチが好きになる事でしょう。

  • オイキムチの美味しい食べ方について

    オイキムチという言葉を耳にすることもあるかと思いますが、オイキムチとはキュウリで作ったキムチを指します。オイキムチの場合、甘さ控えめで作られていることも多く、小さなお子様が居る場合でも美味しく食べることができるでしょう。また、キュウリの歯ごたえはそのままですので、歯ごたえのあるキムチを食べたいという方におすすめです。キュウリの他に何が入っているかというと、ニンニクやアミえびなどの薬味や唐辛子、しょうが、ごま油、塩などが入っていることが多いです。こういった材料が使われている場合は日本人向けに作られているという事になります。では、そんなオイキムチの美味しい食べ方についてご紹介致しましょう。

    オイキムチは、そのまま食べてももちろん美味しく頂けます。ご飯と一緒に食べても美味しいですし、ビールのおつまみにそのまま食べても良いですね。キュウリですのでヘルシーですし、ダイエットにも効果的でしょう。今までとは少し違ったお漬物を食べたいという時にもピッタリです。また、冷麺と一緒に食べるのもお勧めです。冷やし中華にキュウリを入れることは当たり前とも言えますが、冷麺と一緒に辛いオイキムチを食べることによって食欲も増しますし、味のアクセントになっていつもと違った冷麺を楽しめますよ。私はオイキムチを買った時には必ずと言って良いほどこの食べ方をしています。

    オイキムチを食べた事のない方も、そしてこの美味しい食べ方を試したことのない方も、本当に簡単で美味しいですので、食べてみて下さいね。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0