お婆ちゃんの思い出の味、ジャガイモの煮物

"お婆ちゃん子の私は、小学校から帰ると宿題をさっさと済ませてから、ずっとお婆ちゃんの傍にくっついていました。
そんなお婆ちゃんがよく作ってくれていた晩ご飯のおかずに、ジャガイモの煮物があります。
大きめに切ったジャガイモをだけを鍋に入れ、醤油と砂糖、出汁で煮込むだけのシンプル料理。
でもその素朴な味が大好きで、いつも満面の笑みを浮かべて食べていました。
私がお婆ちゃん子だったのと同時に、お婆ちゃんも孫大好き婆ちゃんで、私のことをとても可愛がってくれていたため、今思うと、孫が喜んで食べる煮物ということで、かなり頻繁に作ってくれていたような気がします。
現在、私は2児の母親。
もうお婆ちゃんは亡くなっています。
ジャガイモの煮物は私も時々作る料理なのですが、何度作ってもお婆ちゃんの味は再現できません。
美味しくないわけじゃないのですが、お婆ちゃんの味ではないのです。
私が子どもの頃、もっとしっかり作り方を見ておけば良かった。
そう思っても、遅いですよね。
あのお婆ちゃんの味が再現できる頃には、今度は私がお婆ちゃんになっていて、孫に同じように煮物を作ってあげているのかもしれません。
そういう日が来るといいな。"

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0