割干キムチの美味しい食べ方

皆さんはキムチというと白菜キムチを思い浮かべるのではないでしょうか?確かに身近なお店で購入できるキムチの多くは白菜で作られたものですよね。しかし、キムチには多くの種類があり、割干しキムチという商品もあります。割干しキムチというのは、干し大根から作られているもので、干し大根独特の食感が特徴的なのです。干し大根は日本人も良く食べるかと思いますが、コリッとした食感ですよね。熟成させてキムチを作ってもその歯ごたえは変わらず、干し大根の甘みも味わえるようになっています。干し大根は中国でも食べられているのですが、日本産のものと中国産のものとでは硬さや見た目が少し異なります。日本産の方が弾力があり、柔らかさがあるのですが、中国産の場合には硬いのが特徴的です。どちらの方が好みかというのは人によって異なりますので、是非食べ比べをしてみて下さいね。もちろんそのままの状態で食べても美味しく頂けますが、お料理に使っても美味しいですよ。割干しキムチを使ったお料理を1つご紹介したいと思います。

お勧めなのは、割干しキムチを使った肉団子甘酢あんかけです。作り方は非常に簡単で、合びき肉に細かく刻んだ割干しキムチをまんべんなく混ぜて、にんにく、しょうが、卵、片栗粉、塩こしょうなどの調味料を入れます。粘り気が出るまでよく混ぜて1口サイズに丸めましょう。この時、油を手につけると材料が手につきにくいのでお勧めですよ。

次に丸めた肉団子を油で揚げ、中華スープの素、水、しょうゆ、砂糖、お酢、お酒で甘酢を作ります。甘酢はフライパンで煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつけておきましょう。その中に肉団子を入れてあんをまんべんなく絡めればできあがりです。

いつもとは違った食感が楽しめますので、試してみて下さい。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0