キムチが美味しい期間と賞味期限について

キムチには美味しい期間というものがあります。同じキムチを食べるのであれば、1番美味しい期間に食べたいものですよね。1番美味しい期間はいつかというと、それには保存する温度が関わってきます。たとえば、5度の場合ですと、製造日から25日程度が1番美味しいと言われていますし、10度の場合には製造日から1週間前後、15度から20度の場合には製造日から3日程度が美味しいですよ。保存している温度が高くなればなる程、製造日から美味しい期間が短いということになりますね。温度が高ければ高いほど発酵が進むからということになります。

もちろん、一人ひとり美味しいと感じる時期は多少異なるかと思いますが、今まで美味しい時期を気にせずに食べていたという方は、この時期によって味が変わってきますので、一度気にしながら食べてみて下さいね。

また、賞味期限の目安というものもありますので、参考にしてみて下さい。

製造日から5日までの間はまだ酸味がありませんから、野菜そのものの味を楽しみたい方にはお勧めの時期です。製造日から6日から15日もまだ酸味が少ない上に、調味料の味が野菜などに染み込んでいく時期ですから美味しく頂けるでしょう。16日から25日になると発酵も進みますので、少し酸味が出てきますが酸味を楽しみたい方には良い時期ですね。25日以降になると更に発酵が進む為、日に日に酸味が増すことになります。この時期を過ぎるとなるべく早く食べた方が良いですね。

こういった詳しい情報というのはキムチに記載されていない為、キムチをよく食べる方は頭に入れておいた方が良いでしょうね。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0