残念なカレーライス

"以前、カレーライスで残念な思いを2回ほどしました。

@子どもたちの野菜不足を補いたいな〜、と考えて、にんじん・たまねぎ・ジャガイモ以外にカレーに入れておいしくなる野菜はないかと思い、ちょうど冷蔵庫にあった大根を入れてみました。
他の野菜と同じくらいの大きさのいちょう切りにして入れました。
出来上がり、見た目は普段のカレーと変わりなくおいしそうでした。

しばらく置いておいて、さぁ食べよう!とふたをあけたら、カレーの表面に層になった大量の水分が見えました。
大根から水分がたくさーん出てきてしまっていたのです。
ひとかき混ぜすると、トロッとしていたはずのカレーが、みるみるサラサラシャバシャバしてきました。

味はもちろん大根の香りがカレーをおおい尽くして、残念な味でした。
水分の多く含んだ野菜は入れないようにしないといけないと思いました。

A夕方バタバタしていて、晩御飯まで時間がなかった日、家にあるものでカレーを作ろう!と材料をかき集めていました。
肉は冷凍していた!ラッキー!あとは野菜を・・と思ったときに、
たまねぎがないことに気づきました。

以前にんじんのないカレーライスを作ったことがあり、そこそこ食べられたな〜というのを思い出し、時間ないし、たまねぎなくても味付けはカレーの素がしてくれるし、大丈夫かな〜と思い、そのままたまねぎ無しのカレーライスを作ることにしました。

出来上がりは、大根のときと同じく、見た目おいしそうなカレーでした。

器によそって、食べ始めたのですが、かなり何かが足りない感の強いカレーになってしまいました。
むしろ、おいしくない部類に入ってしまう味になってしまいました。

このとき、私はたまねぎの偉大さを肌で、というか舌でしみじみ感じました。

この時以降、私はたまねぎを家に常にストックするようにしています。"

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0